株式会社グロース X 会社情報

VISION – ビジョン

「Co-Growth」
グロース Xは、個人の成長、事業・会社の成長、社会の成長に伴走する最良のパートナーであり続けます。
顧客や社会に対する好奇心を大切にし、そして価値提供を通して、自らも成長することで、社会成長を引っ張り続けます。

MISSION – ミッション

「自己肯定感のある社会をつくる」
激動の社会に必要なのは、自分自身を価値のある存在として肯定できるような自信の源泉です。
グロース Xは、学びを通じて一人一人が自己肯定感を高く保ち、思いっきりチャレンジできる社会をつくることに貢献します。

MESSAGE

グロース Xのマーケティング学習アプリ「コラーニング」は、業績向上に繋がるまでを考え抜いて創ったサービスです。

磨きあげた網羅的マーケティングカリキュラムと、チャット形式というユニークなe-ラーニングを筆頭に、学びを実践につなげる体験作りまでを大切に磨き、ワンストップで皆さまに届けています。

今後のビジネス環境においてマーケティングの重要度は上がっていきます。
特定の専門領域にとどまらず、顧客体験全般、ビジネス全般を作るために無くてはならない役割ですが、激動の時代に顧客の変化を素早くつかみ、
仮説検証を回せるかは、将来の成否のカギとなるでしょう。

現場の力がアップすると、必ず業績アップに繋がります。
コンサルティング支援で多くの企業の業績を伸ばしてきた、人材育成、組織作りのノウハウをお届けします。

「マーケターを今よりもっと花形職種にして、楽しい社会を作る!」という想いで、今後も顧客企業様と価値を共創する旅を続けて参ります。

株式会社グロース X
代表取締役社長 津下本 耕太郎

MANAGEMENT

津下本耕太郎

津下本 耕太郎|Kotaro Tsukamoto
代表取締役社長

「ゼロイチジャンキーのフリースタイルアントレプレナー」
2004年上智大学理工学部卒業。システムエンジニアからキャリアスタート。
2007年にアライドアーキテクツ株式会社に参画し、SNS支援事業やモニプラなど各種事業を大きく収益化する。2012年より取締役として全社の80%の売上を統括し、2013年IPO(東証マザーズ市場に株式上場)。
2018年独立起業。2019年株式会社シンクロに新規事業「コラーニング」アプリの事業部長として参画。2020年8月に法人化し、代表取締役社長に就任。
好奇心が溢れ出てしまっている中年の少年。これまで約10の事業立ち上げを経験。43ヵ国旅行者。フットワークは非常に軽く、この事業にコミットするかも即日で決断。
社会に大きく貢献できる事業を、魅力的なお客様、仲間と、常識に囚われずにやれる今回のチャレンジをこよなく愛し、没頭中。

山口義宏

山口 義宏|Yoshihiro Yamaguchi
取締役COO

1978年、東京都生まれ。ソニー子会社で戦略コンサルティング事業の事業部長、リンクアンドモチベーションでブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年に企業のブランド・マーケティング領域特化の戦略コンサルティングファームのインサイトフォースを設立。 BtoC~BtoB問わず企業/事業/商品・サービスレベルのブランド~マーケティング戦略の策定、CI、マーケティング4P施策の実行支援、マーケティング組織開発及びマーケティングスタッフの育成を主業務とし、これまで100社を超える戦略コンサルティングに従事。
2021年より株主および戦略アドバイザーとしてグロース Xに参画。2022年6月、同社取締役COOに就任。

西井敏恭

西井 敏恭|Toshiyasu Nishii
取締役CMO

「旅で仕事を創り、仕事で旅する」
オイシックス・ラ・大地株式会社 専門役員CMT
株式会社シンクロ 代表取締役社長
鎌倉インターナショナルFC 取締役CDO
株式会社FABRIC TOKYO 社外取締役

1975年5月福井県生まれ。金沢大学大学院卒業。2001年から世界一周の旅に出る。帰国後、旅の本を出版し、ECの世界へ。2014年に二度目の世界一周の旅をしたのちシンクロを設立。
大手通販・スタートアップなど多くの企業のマーケ支援やデジタル事業の協業・推進を行う。

*代表津下本へのインタビュー記事:
「主人公としての成功体験を渡したい」

深見一久

深見 一久|Kazuhisa Fukami
取締役CFO

「限界を超える、攻めの経理」
メーカー、ソフトウェア開発、SaaS事業、商社、インターネット広告事業会社、金融会社等これまで多様な業種の経理、財務及び経営企画の職種に携わる。前職では経理部長をしながら、副業で平均10社ほどの会社の経理コンサルタントとして、月末支払業務から月次締めおよびIPO支援等を行う。経理担当者レベルからCFOレベルまで、また、システム開発のアドバイザー等も務めるなど、守備範囲の広さが売り。
ルールを守るのが当然の管理部門にいながら、今のルールが最善と決めつけず、常に疑問を持ち、改革を進める。
「出来ない」ではなく、「どうすれば出来るのか」を考え、仕事の本質を追い求め、圧倒的スピードで仕事をこなすことをモットーにしており、限界を超える攻めの経理として、会社を支ている。

西口一希

西口 一希|Kazuki Nishiguchi
社外取締役・株主

Strategy Partners 代表取締役 兼 M-Force 共同創業者
大阪大学経済学部卒業後、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)マーケティング本部に入社。ブランドマネージャー、マーケティングディレクターを経て、2006年ロート製薬に入社。執行役員マーケティング本部長として「肌ラボ」「Obagi」「デオウ」「ロート目薬」などの60以上のブランドを統括。2015年ロクシタンジャポン代表取締役。アジア人初のグローバル エグゼクティブ コミッティメンバーを経て、ロクシタン社外取締役 戦略顧問。スマートニュース執行役員マーケティング担当(日本・米国)を経て、M-Forceを創業。Strategy Partners代表取締役社長。

田岡敬

田岡 敬|Kei Taoka
DX戦略アドバイザー・株主

株式会社office K 代表取締役
リクルート、ポケモン法務部長&US子会社SVP、マッキンゼー、ナチュラルローソン執行役員、IMJ常務執行役員、JIMOS代表取締役社長、ニトリホールディングス上席執行役員、エトヴォス取締役COO、日立グローバルライフソリューションズ 常務取締役CDOを歴任。
現在は株式会社office K 代表取締役として、さまざまな企業のマーケティング・経営支援を行なっている。北の達人コーポレーション 社外取締役、イルグルム LTVForecast共同開発者/アンバサダー。

中山順子

中山順子
監査役

「現場密着型の監査役」
外資金融ミドルオフィス~会計事務所立上げ参加~US・シンガポール資本ファンドの資産運用会社で経理マネジャーを経験~双子男子の産休・育休~上場直前の株式会社メタップス等数社のスタートアップにて勤務。
育休後、当時制度がない中で時短正社員を希望し、その中でも開示対応等、新たな経験を積めたことでQOLと仕事への貢献度は比例して向上できることを体感。
これまでの経験を生かし、ビジネスの発展とメンバーのQOLがどちらも安全に、どちらも向上できるような体制となるよう見守ってまいります。
好きなもの:Excel、Michael J FOX、家族、サーフィン

野口竜司氏
AI戦略アドバイザー

株式会社ELYZA 取締役CMO
一般社団法人金融データ活用推進協会 顧問
日本ディープラーニング協会 人材育成委員

株式会社ZOZO NEXT 取締役CAIO(Chief AI Officer)やZホールディングス Z AIアカデミア幹事を経て現職。文系AI人材として、事業会社でのAI戦略/企画や数々のAIプロジェクト推進に関わる。企業のDX責任者を集めるDX MGR clubの運営や、大企業のDX推進コンサルティングも実施。日本ディープラーニング協会 人材育成委員。
著書に『文系AI人材になる』(東洋経済新報社)、『管理職はいらない AI時代のシン・キャリア』(SBクリエイティブ)など

高橋浩一氏
無敗営業アドバイザー

TORiX株式会社 代表取締役
東京大学経済学部卒業。外資系戦略コンサルティング会社を経て25歳で起業、企業研修のアルー株式会社に創業参画(取締役副社長)。事業と組織を統括する立場として、創業から6年で70名までの成長を牽引。同社の上場に向けた事業基盤と組織体制を作る。2011年にTORiX株式会社を設立し、代表取締役に就任。これまで4万人以上の営業強化支援に携わる。
コンペ8年間無敗の経験を基に、2019年『無敗営業「3つの質問」と「4つの力」』、2020年に続編となる『無敗営業 チーム戦略』(ともに日経BP)を出版 、シリーズ累計7万部突破。2021年『なぜか声がかかる人の習慣』(日本経済新聞出版)、『気持ちよく人を動かす』(クロスメディア・パブリッシング)を出版。2022年『質問しだいで仕事がうまくいくって本当ですか?』(KADOKAWA)を出版。年間200回以上の講演や研修に登壇する傍ら、「無敗営業オンラインサロン」を主宰し、運営している。

TEAM MEMBER

木下達也

木下達也
執行役員CCO

「ビジネスは信頼と仁義」
2014年に新卒でアライドアーキテクツに入社。SNS広告のコンサルタントとして、大手通販企業のダイレクトマーケティングを支援。2017年にインフルエンサー事業部の責任者として、事業立ち上げを経験。2018年にSNS広告事業部の事業責任者として月数億円の出稿を牽引し、社内一の粗利益規模の事業に。
その後、2019年に株式会社Azitに入社しMaaSのマーケティングを担当するが、会社都合により退職。
2020年に入社し、以後カスタマーサクセスとマーケティングを立ち上げから担当。
趣味はゲーム。年間で500時間ぐらいプレイしている。

山田一雅

山田一雅
執行役員(営業担当)

「千葉の外房からサービス愛を叫ぶ、グロース X エバンジェリスト」
海外での企業経営を経験した営業マニア。モットーは「営業は技術職」。新卒で人材系ベンチャー企業へ入社し、1日300件のテレアポを行う。その後米国系webメディア企業へ入社し、新規事業の立ち上げ、新規開拓営業部門の立ち上げ、営業ノウハウの体系化などを行い、社内最年少役職者として事業成長を牽引。その後海外へ移住し、法人を設立。6年間の事業運営を経て、コロナに伴う日本帰国を契機に弊社にジョイン。営業の責任者として、社会貢献性の高いグロース Xのサービスを世に広めるべく日々奮闘中。一部広報系業務も担う。
趣味はサーフィンで、週5日は海に入っている。

多田庸一

多田庸一
コンテンツ制作

「この道33年。マーケ&教育のワンダーランドをあなたに!」
1989年専修大学卒。新卒で株式会社日本通信教育連盟(現株式会社ユーキャン)に入社。30年にわたり、主にダイレクトマーケティングと講座開発に従事。新聞、雑誌、テレビCM、チラシ、DM、ウェブなど、ほとんどの広告媒体を通じて、業績の向上を担う。ウェブマーケティング部、計画推進部、開発部の部長を歴任後、株式会社divでマーケティングを担当。
社長・津下本とのつながりで副業として2019年1月からコラーニングアプリのコンテンツ制作を手伝い始め、その面白さに惹かれてズルズルと比重を増やし、流れのままに2021年4月に入社。
現在はコンテンツの新規制作と品質向上に従事し、CRMも一部担当している。
趣味は音楽とプロレス。ローリング・ストーンズがツアーを始めると、来日を待たずに世界のどこかに見に行く。

陰山祐一

陰山祐一
コンテンツディレクター

「『人間マーケペディア』マーケ領域のコンテンツ&事業開発のプロ」
1981年生まれ。2006年千葉大学大学院(芸術学専攻)卒業後、広告界の専門誌を発行する出版社に入社。Webメディアの責任者などを経て、2018年ナノベーション入社。マーケティング領域の専門Webメディア「Agenda note」編集長、各種マーケティングカンファレンスのコンテンツ企画、トップマーケターによる塾事業などを担当。2021年入社。
大学駅伝、カーリング、川崎フロンターレをこよなく愛しています。

倉橋遼

倉橋遼
カスタマーサクセス

「受講者のマーケ脳肥大にコミットするマッチョサポーター」
2017年中央大学総合政策学部卒。1年間の世界一周旅行を経て、新卒でリース会社へ入社。主に自動車リースの法人営業を2年間担当する。その後、フリーランスとしてWebライターとキャリアスクールの運営統括などを行う。1年半で100名近くの独立を支援。2020年に入社し、現在は顧客の学習進捗率や満足度を上げるための設計やコミュニケーション全般を担当。
趣味は旅と筋トレで、日本各地を旅しながら働いています。

八巻明日香

八巻明日香
管理部長

「バランスの取れた管理部門を作る」
ベンチャー企業〜東証1部上場企業(メーカー、IT、金融、Saas企業など)での幅広い経理、開示、管理会計の経験を持つ。
前職はベンチャー企業の管理部長として財務、経理、法務、人事総務など0からの管理部門立ち上げを経験。
仕事のモットーは本質を見極めて判断すること。
得意なことは情報システム部門での経験を活かした管理部門のDX化。
好きなことは管理会計と数値分析。
趣味は愛猫との毎日の昼寝とインテリアショップ巡り。

齋藤千明
コンテンツクリエイター

「何事もビジョンファースト」
上智大学文学部卒業。広告・マーケティング、クリエイティブ領域の専門出版社に新卒入社​し、広告営業職を​経て編集部へ配属。月刊誌​・​書籍・Webメディアの企画編集​や、公募広告賞の企画運営、雑誌メディアの新規立ち上げ​など​を経験​する​。​その後、​ブランディングデザイン会社に入社し、戦略プランナーとして業種業態を問わず多様な企業のコーポレートブランディング、事業ブランディング、サービスブランディングを手がける。2022年よりグロースX​に参画。
企業理念やブランド提供価値、事業コンセプトなど、企業経営や事業活動の核となるものの可視化・言語化に強みがあり、それを起点にあらゆる戦略策定やコンテンツ企画を行う。
趣味は書店めぐりと絵本収集。

Team Thinqlo

松谷一慶

松谷一慶
コンテンツディレクター

京都大学で薬学を専攻し、大学院卒業後は外資製薬会社で癌領域の新薬開発に従事する。その後、2013年より3年間の世界一周に出発。帰国後は旅の途中のイースター島で出会った西井が立ち上げた株式会社シンクロにジョイン。企業のデジタルマーケティング支援やメディア事業提携などを行う。コラーニングアプリ事業立ち上げに伴い、コンテンツディレクターを務める。
旅行が好きで、これまでの訪問国数は100か国以上。

植嶋久美

植嶋久美
広報、マーケティング

リクルートグループにて、営業やキャリアアドバイザーとして約8年間経験を積む。女性向けWEBメディア運営企業にて編集・新規事業開発を担当したのち独立し、主にスタートアップ企業の広報・サイト運営等のサポートを行う。
2015年よりフィリピン在住、大手日系企業のマニラ拠点にてCorporate Affairs(総務関連業務)とExecutive Secretaryマネージャーを務めたのち、グロース Xの母体である株式会社シンクロに入社。現在は広報・マーケティング等を兼任。
趣味の外食と酒好きが高じて、YouTubeで飲み動画を配信中。

COLUMN

COMPANY OVERVIEW

会社名 株式会社グロース X
代表取締役社長 津下本 耕太郎
本社所在地 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-1 いちご恵比寿グリーングラス
TEL 03-4540-1036
FAX 03-4540-1000
設立 2020年8月
ホームページ https://grtx.jp/

※既に「コラーニングアプリ」をご利用中のお客様は、こちらのページ(グロース X ヘルプセンター)よりお問い合わせください

 

お問い合わせ・資料のご請求

ご質問・ご相談や、サービス概要資料をご希望の方は、以下フォームよりお送りください。